人は病院に行けば病気やケガが治るものと思っています。そのせいか病院に行ったのに大事な事を聞き逃したり、自分のケガや病気なのに治療方法や使う薬についてよくわかっていないということはわりとよくあることだと思います。でも、こういった情報に注意することは大事ですし、自分で自分の身を守ることになります。薬には身体を直す効能もありますが、身体に不具合をもたらす可能性もあるのですから。 そこでおすすめしたいのが、病院に行く際に聞きたいいくつかの項目をしっかり覚えておくことです。こうすることで自分の症状を良く知ることもできますし、危険なことから身体を守ることもできると思います。 ■その症状はなぜ起きているのか、どうすれば症状を緩和することができるのか 病名だけ聞いて、起きた原因や解決策を聞くのを忘れる人は多くいます。自分で意識的に症状を緩和するためには、それらをしっかり聞く必要があります。 ■症状を緩和するためにどのような薬を摂取する必要があるのか 与えられた薬を飲むだけでなく、どんな薬でどんな副作用があるのかをきちんと知っておきましょう。また、同じような効能で低額の薬もありますので、選択肢としてこれらの情報を知っておくことも重要です。